2014年10月02日

いってらっしゃい みゆう


  何度かブログで紹介した みゆう が夜中に旅立ちました。


  16年前、当時働いていた動物病院の駐車場に ダンボールに入って捨てられていた子猫




   先住猫ジュリアは母性本能が強く、片時も離さずみゆうを可愛がりました。




   ジュリアに可愛がられて育ったみゆうは その後にきたこみこを ジュリアと同じように可愛がりました。

   そんなジュリアが亡くなった後は 家族にもなかなか心を開かず、引きこもることが多くなりました。





   思えば みゆうの旅立ちを一番始めに覚悟したのは 去年の夏でした。


   それから一年、痛みと戦いながらよく頑張ってくれたと思います。

   10月で16歳だね  そんな話をつい先日していた昨日 10月に入るのを待ってたかのように、静かに眠るよーに 旅立ちました。





   向こうで迷わずジュリアのもとに行けるよーに 写真と一緒に荼毘に付します。

   心配してくださったみなさま、ありがとうございました。
  


Posted by もか吉♪ at 09:16│Comments(8)
この記事へのコメント
おはようございます。
謹んで、お悔やみ申し上げご冥福をお祈り致します。
16年間、愛情いっぱいに幸せのうちに旅立たれましたね。
また、ジュリアちゃんと一緒に寄り添い、ご家族に感謝されていることでしょう。
合掌。
Posted by 枝動 at 2014年10月02日 10:49
みゆうちゃん、安らかに。
良く頑張ったね。
お疲れ様でした。
Posted by へむへむ at 2014年10月02日 22:51
ジュリアさんがみゅうさんのお母さんのようしていたと言うのが感動ものです。
命のあるものはいつかは別れがやってくるという事は分かってますが辛い事でしょう。

ひょんな事から猫を飼いだして10年。
幸い猫との別れに接した事はありませんが
考えると怖いです。

みゅうさんはきっとあちらでジュリアさんに体を舐めてもらってる思います。
Posted by 仙 純一 at 2014年10月02日 22:56
枝動さん★

 コメントありがとうございます<m(__)m>

うちの猫では一番長生きしました。保護時に病気じゃなかったのはみゆうだけなので……病気に関しては我が家では珍しく 手のかからない子でした。

 ジュリアが逝って7年、やっと会えていっぱい甘えてると思います。
Posted by もか吉♪もか吉♪ at 2014年10月04日 08:32
へむへむママさん★

 ありがとうございます<m(__)m>

本当に お疲れ様 とゆー言葉で最期は送りました。  短命な子が多かった中で みゆうは寿命を全うしてくれたと思っています。
Posted by もか吉♪もか吉♪ at 2014年10月04日 08:34
仙 純一 さん★

 コメントありがとうございます<m(__)m>

ジュリアの母猫は生粋のノラ猫でしたが、近所でも評判の子煩悩な猫でした。母猫は捕まりませんでしたが、ジュリアを避妊手術するのに捕まえて そのまま家の中にいれました。

 母猫と同じように みゆうに先にごはんを食べさせて、寝つくまで身体を舐めて 毎晩腕に抱きしめるよーにして ジュリアはみゆうを可愛がりました。

  その後に こみこ、むー太、ゆき姉さん と続きましたが 全員ジュリアを母猫のよーに慕いました。 血の繋がりがなくても、ジュリアが家族を作ってくれていました。

  ジュリアの元で むー太、みゆうと仲良くいると思います
Posted by もか吉♪もか吉♪ at 2014年10月04日 08:42
みゆうちゃん、ブログを通してしか見たことはないけど、綺麗なブルーの瞳が印象的です。
16年間一緒に暮らした子を送る寂しさは想像もつきません。どうぞご家族の皆さんもご自愛くださいね。

きっと今ごろは子供の頃に戻ってジュリアちゃんにいっぱい甘えてますね。
みゆうちゃんお疲れさま。
心よりご冥福をお祈りします。
Posted by ラッキーの相方 at 2014年10月04日 09:40
ラッキーの相方さん★

  ありがとうございます<m(__)m>

屋内ノラ猫みたいな暮らしをしてきたみゆうが、亡くなる数ヶ月前からリビングに来て 家族と過ごす時間が増えました。  全盛期は病院に連れてくと 診察室の壁を縦に登った上に おもっきり院長先生に噛みついたくらいの強気な猫でした

(^^;)
Posted by もか吉♪もか吉♪ at 2014年10月05日 23:48
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。